apeks XL4 OCEA レギュレーターのその後の使用感

以前紹介したApeks XL4 OCEA

あれからもうちょっと使ってみて、いろいろわかってきたので動画にした。

 

紹介した時は「特に吸いづらいとかもないし」と書いてるが、結構呼吸抵抗感が高く、流量が少ない。
今まで使ってたApeksのXTX200やTUSAのRS680の流量ノブをMAXまで絞ったくらいといえばいいだろうか。

苦しいほどではないのだが、XTX200と比べると絞られてる感がすごいある。
もともとエアを絞って使ってる人には良いのかもしれない

ただ、エアは持つ。

 

セカンドステージが軽いので、スイベルいらずかと思ったが、やっぱり欲しい。

そう思って、最初90度のスイベルを付けてみたが、これは微妙だった。
付けてないのとそんなに変わらない。

結局今まで付けていたマイフレックス+スイベルホースと同じような後付スイベルの部品を海外から買って、それを付けることにした。

ホースキャップが可愛いので、ホースは変えたくないのだ。

 

マウスピースは歯型じゃなくてもなんか慣れた

形状記憶の歯型マウスピースのほうがストレスは少ないが、そうじゃなくてもまぁいいかってくらいには思えた。

 

とまあ本格的に使いだしてから色々気づいたのだが、吸い心地で言ったらApeksのXL4シリーズはおすすめしない。

見た目の可愛さ優先のレギュレーターなのだ。

 

コメント